アイソプティック ( ISOPTIK ) の目の検査と分析の手順

Share

アイソプティック( ISOPTIK )眼鏡センターでの最高にカスタマイズされた超個性的な累進多焦点メガネの設計と製作のための目の検査と分析( 60 日間 )

1. お客様のニーズの詳細な分析( 20 分 )

2. どちらの目が利き目で、それが顧客の利き手と一致するかどうかを判断します。これは、最も効果的な超累進多焦点メガネを製作するための 3D 解析の視覚解析において、とても大切なことです。( 5 分 )

3. 検眼医による両眼の応答能力の試験と分析( 10 分 )

4. デジタル装置で長距離と短距離の各瞳孔の中心を決定します。この装置は、目の中心と完全に一致するレンズの中心の配置を決定するために、あらゆる距離の瞳孔からの反射を測定します。( 20 分 )

5. デジタル装置で角膜の曲率を測定し、両眼の乱視とその角度を測定します。( 5 分 )

6. 角膜トポグラフィを使用して、両眼の角膜による光の通過の完全性を判定します。測定値はアイソプティック (ISOPTIK)の眼科医に送られます。 ( 10 分 )

7. アベロメーターを使用して両眼のフレア値を判定します。結果はISOPTIKの眼科医に送られます。( 10 分 )

8. デジタルハイテクの網膜鏡眼科検査装置により眼の状態(近視、老眼および乱視)を測定します。( 20 分 )

9. 現在使用中の眼鏡の処方を、他の機械よりも25倍詳細に測れる 9 本の光線を備えたデジタルスキャナで確認します。これは、時間の経過とともに眼の処方がどのように変化したか、あるいはその差異を見るのに役立ちます。( 5 分 )

10. 現在の眼鏡のレンズの材料、モデル、中心点を調べて、実際の瞳孔の中心と比較して眼鏡の誤差を測定します。( 10 分 )

11. 30分間の 3D デジタルアイ分析、10 分毎に休憩を入れます。

12. 眼科医による詳細な眼の健康チェック( 30 分 )

13. 最新の技術による超進歩的な超累進多焦点眼鏡フレームとフィット感のためのデザイン( 60 日間 )

14. 超個性的な累進多焦点レンズが完成すると、30 分間にわたり、欧州の品質管理基準よりも 25 倍詳細に 360 度のレンズチェックを行います。もしレンズにエラーが見つかれば、アイソプティック ( ISOPTIK ) はすぐに新しいセットを注文します。

15. 新しい超累進多焦点メガネをお客様にお渡しします。

16. 眼鏡の物理的な点検と試験をします。お客様に新しい眼鏡を試して、以前お使いの眼鏡と比較して違いを確認して頂きます。

17. 実際の使用法と眼鏡の状態を観察します。

18. マスター・ボビは、アイソプティック ( ISOPTIK ) 眼鏡センターをさらに進化させ、その製品最高の超個性的な累進多焦点眼鏡にするため、お客様のご意見とご批判を求めています。マスター・ボビは、これらの眼鏡や話題と最良の視覚についてお客様にお伝えさせて頂けることに感謝しております。なぜなら「人生は美しく、視覚は人生」ですから。

“ 信じるだけです。”

マスター・ボビ ホットライン : +66 81-538-4200、 毎日 正午から- 午後8時まで
www.isoptik.com/ja/
LINE ID : @isoptik
email : masterbobie@gmail.com

無料のブルーレイまたは DVD のアイソプティック ( ISOPTIK ) アイケア ( ISOPTIK EYECARE )
をテキストでご自宅にお送りする場合は、 +66 86-565-5711 または LINE ID : @isoptik